投稿者: 天草シノギ

道は『此処』にある

どれ程渇望しても得られないものがあるのだとしたら
どれ程祈念しても理不尽にも踏みにじられるのだとしたら

『此処』から身動きすらできずに私は朽ちてゆくのだろうか

どれ程渇望しても得られないものがあるのだとしても
どれ程祈念しても理不尽に踏みにじられるのだとしても

『此処』にいる私自身のすべての結果なのだから

『此処』に至るまでにした選択の繰り返し
『此処』にたどり着くまでに歩いた道の果て

他の誰でもない私自身が導いたもの

どれ程渇望しても得られないものがあり
どれ程祈念しても理不尽に踏みにじられ
それ自身が私なのだとしたら

私の選ぶべき道は『此処』にしか繋がってはいない

その為にあり
その為におり
その為にいる

私は『此処』にしかいられないのだと、気づいた

そうでないが故に信じるもの

私は『特別』なのだと思っていた

誰だって誰かの『特別』になりたいでしょう
誰だって世界の『特別』になりたいでしょう
誰だって全ての『特別』になりたいでしょう

選ばれし私の未知なる力を解放すべき時がくる
私にしかできないことが待っている
私が『特別』であるが故に苦悩する

ちっぽけな私がなけなしの虚勢を張って立つ
私は『特別』なんだと声を限りに叫ぶ

私は『特別』であるべきだ
私は『特別』なのだから
私は『特別』だと信じていたかった

そうしないと
現実というものに押しつぶされてしまいそうだったから

誰にも見向きもされない石ころなのだと解ってしまえば
ここにいるべき意味すら見いだせなくなるから

私は『特別』なんかではなく
私は『特別』になんかなれなくて
私は『特別』だと思い込むことさえ出来なかった

だからこそ私は
石ころを拾い上げようと思う

私は『特別』にはなれなかったけれど
私の『特別』がいつか見つかると信じているから
そう、信じていたいから

明日を思う、明日を願う

自動ドアの向こう側は灼熱のようだった
あまりの暑さに思わず声が出た

駐車場へ向かう道に人はまばらで
すれ違う人は大きな荷物を持っていた

私の出てきた大きな総合病院は
誰でもおいでと手招いているようで
それでいて一切を拒むかのようにそびえ立っていた

甲高い声が聞こえて視線をやれば
父親と手を繋いだ女の子がいた
ぴょんぴょんとスキップをするように歩く女の子
ワンピースの裾がふわりふらりと揺れる
父親を見上げる横顔が眩しくて
繋いだ手と手が時折跳ねる
誰かのお見舞い帰りだろうか

飛ぶように歩く女の子
楽しそうに繋いだ手を振る父と子

たまらなくなって
私は視線をそらして俯いた

とても、やせ細った手だった

あんなに大きくて力強かったのに
ベッドで寝たまま目も開けず
触れた手のあたたかさでまだ生きているのだと実感した

父は
忙しくて厳しい人だった
よく怒られたしたものの褒められることは少なかった
一緒に出掛けた記憶もほどんどない

一度だけ
家族で動物園に行ったことがある
私は転んで泣いて
わんわんわんわん泣いて
そんな私を父は抱きあげてくれた
そのまま肩車をしてくれて
自分の視界よりずっとずっと高い場所からの眺めが
ものすごく綺麗で息をのんだ

とても、やせ細った手だった

私を抱き上げ肩車をしてくれた手は
病院のベッドでひっそりとあった

先ほどの父と子を思った
あんな風に
あんな風だったのだろうか
多分、違う
けれど
あの時の手の温かさはきっと今でも、ある

明日も来よう
目は覚めないかもしれないけれど
両手でぎゅっと父の手を握ろう

とても、やせ細った手を

私は時折逃げたくなる

私は時折逃げたくなる
何も話したくなくなるし
何もしたくなくなる
生命維持の最低限だけの労力だけがある
私は時折泣きたくなる
何も話せなくなるし
何もできなくなる
生命維持の最低限の労力だけは手放せない
私は時折逃げたくなる
私は時折逃げたくなる
全てをかなぐり捨てて走れたら
何もかもを放り投げて拒絶ができたなら
私は時折逃げたくなる
私は時折逃げたくなる
私は時折逃げたくなる
私と言うもの全部が消えてしまえたら
私がいた痕跡すらもなくしてしまえたら
私は時折逃げたくなる
私は時折逃げたくなる
私は時折逃げたくなる
私は時折逃げたくなる

捨てられや、しないのに
まだ、期待しているのに
そんなもの、詭弁だと知っているのに

私は時折逃げたくなる
でも、私にはそれが、できない

“全て”をなかったことには、できない
“全て”をなかったことには、したくない

私は時折逃げたくなる
けれど、

私は……戻りたい

【雑記】感想のお礼也。

感謝

版権作品の二次創作は更新終了しているのですが、
稀に感想を頂くことがあります。

コメントを頂けると嬉しいので、
ざっくりと返信をしたいな、と。

ここを読んで下さるか分かりませんが、
書き置いておきます。

【雪華ノ宴(シナリオ)】 9/13

感情移入までして下さったそうで、ありがとうございます。
素敵だなんて恐縮です。

正直、終幕とかどうなんだろう……と思っていたので、
こういうのもありだと言ってもらえたようで嬉しいです。
気に入ってもらえてよかったです。

何より読んで下さったことが本当に嬉しいです。
ありがとうございました。

【ふらちな夜】 10/22

やはり違和感がありましたか~。

意に沿わないでしょうに、率直な意見を頂けて有難いです。
何かおかしい、微妙だというのも貴重な意見だと思います。

それより何より、読んで下さった、ということがとても嬉しいです。
読んで下さり、感想を頂ける。
これに勝る喜びはありません。

本当に、ありがとうございました。

そして私は嘘となる

泥船の上で叫ぶ私を滑稽だと思うかい?
沈みゆく汚泥の中でもがく私を愚かだと笑うかい?
ちっぽけな世界で何も知らない私を可哀相だと嘆くかい?
捨てる程の心もない私を虚しいと蔑むかい?
死にたくないとみっともなく泣く私を意味がないと切り捨てるかい?
いっそのこと私を殺し尽くしてそれが真実だったと騙すのかい?

夜中の救いとそれだけが

あなたしかいないのだと縋ってみればよかったのだろうか。と考えてはみるものの、そんなことはできっこないのは自分が一番よく知っている。思えば他人というものに期待しすぎていたのだと思う。自分が自分である為に他人を利用する。それは簡単かつ楽な方法で、それ以外のやり方は知りえなかった。自分の両手は微弱で貧弱で、そう思い込めば何だってできた。心も体も自身と切り離してしまえば楽になった。それは、自分ではないのだと念じればいいだけ。念じなくてもそうあることが普通になってしまえば後は機械のごとくこなしていくだけ。ライン仕事と一緒だ。そうして自分というものを今一度作り上げた先にあったもの。それすら虚構にすぎなくて、それすら自分なのかと解らなくなっていて。朝も昼も夜も一緒になってしまった自分に、あなたは夜中を教えてくれた。
結局、そう、自分は誰かに依存することで存在していたのだ。
あなたしかいないのだと声を上げた所でそんなものは薄っぺらい吹けば飛んでいくようなもので。そうして少しずつ流れ出ていったものは最早自分であったものなのかどうなのかも解らない。解らないことは怖いことだと思っていたが、それもそのうち麻痺してしまった。あなたの為に自分はあるのだと暗示をかけることで心地よい幸福に浸れた。この上なく幸いで天にも昇るような気持ちよさ。それだけが自分を自分たらしめる。それだけが自分がまだ存在するのだと思わせてくれる。それだけが、私、を、

【雑記】更新也。

更新

「sans fin」をサイトのいちコンテンツにしました。
 sans fin=お題となりました。

サイト管理簡略化の為、です。
全部集約することで管理が楽になる……かも。

言葉は面白いですね。
色々な方向からの見方があったり、感じ方があったり。
同じ言葉でも心の在り様によって受け取り方が違ったりもする。
やっぱり言葉って好きだな、って思います。

お題(言葉素材):13

13:色のない世界を塗りつぶすもの

  • どこまでも堕ちて汚れて蝕んで
  • 明日という君の終わりがあるのなら
  • 握りしめて震える両手に気付いてしまったから
  • 貪欲に求める勝利の向こうにあるもの
  • そんなものはゴミクズにだってなりゃしない
  • あなたの闘志に魅せられて
  • あなたの見る世界ほど澄み渡ったものはない
  • 色のない世界を塗りつぶすもの
  • カクテルパーティーの先にあるのは絶望か
    (※カクテルパーティー効果)
  • あらゆる飾りを取り払った後に残る自分というモノ。

 

銃口の先に待つ使者×5

  • 殺した私の存在理由
  • なくした言葉と引き換えに
  • 飼殺しの罪を抱いて少女は眠る
  • すがりつく命に微かな光
  • 呪縛と解放、思い出と救い

 

踏み出す勇気×5

  • 後悔をかなぐり捨ててみた
  • 妄執を手放すとクリアになった
  • 滅亡した世界を想像して目を閉じて
  • 未来という名を描いて笑う
  • 背負うもの全てを放り投げ、飛んだ

お題

お題(言葉素材)について

以下お題頁のみ、ご自由にお使い下さい。

使用について

用途の制限はないので、お好きなようにどうぞ。

報告やリンクなどは必要ないです。
但し、公序良俗、公的秩序に反するサイトは使用をご遠慮下さい。
何かありましたらご連絡下さい。

選択お題一覧

↑新

 

 

【雑記】感想のお礼と近況也。

感謝

すっかり二次創作活動から遠のいているのですが、
先日、とても嬉しい感想を頂きました。

ずっとずっと前に読んで下さり、
また読んで下さったようで有難く思います。

私の中で”誰かの中に何かを残せたら”というものがあり、
それを受け取ってくれた方がいたことが何よりの喜びです。

「好きだ!」って思ってくれることが何よりも嬉しいです。

ああ、書いていてよかった……!

近況

気が付けば年の瀬が近いです。

今年の目標は、
“無理をしない”
“自分自身に素直になる” でした。

ええと、これはどうなんだろうか。

無理は確かにしなかった気がしますが、
自分自身に素直にはなり切れてなかったように思います。

もう少しこう、殻を破るというか周りを気にし過ぎず生きていきたいものです。

【雑記】更新と近況也。

更新

  • 色々とありまして、サイトの再構築をしました。
  • 詩×2篇追加。

近況

この夏の猛暑は辛いですね。。。

地震に豪雨、台風……天変地異が多すぎます。

心安らかに過ごせるよう、世界の片隅より祈ります。