終古 紲

 思わず携帯電話を投げ捨てそうになり、桐子は慌てて思いなおした。
 いや、投げつけたら壊れるでしょ確実に。一人ごちてため息をつく。
「はろ、桐子姫」
「ん~」
 誰もいなくなった放課後の教室。椅子に座り ...

終古 紲

「依沙(いさ)にとってさ、雨ってなに?」
「――はぁ?」
 俺昨日ケータイの機種変したんだけど、どう? とか言っていた宰蔵(さいぞう)が突然切り出した話についていくことができず、依沙は思い切り顔をしかめた。何故にこいつ ...

終古 紲

 抱えた腕の痛みが、いやにリアルで。かすれた息が近すぎて。細めた目が、やわらかに見つめていた。
「……」
 名前を、呼ばれた。震える腕がのびてきて、頬に触れた。そこで彼は、自分が涙を流していることを、知った。

終古 紲

 雑誌の立ち読みは、お断り。
「……何の用?」
「オカイモノですヨ」
 三十分近くも読んでた雑誌をやっとラックに置いたと思ったら、缶コーヒー(ホット)を恭しく差し出しやがった彼は、悪ぶれることなく無邪気にそう言 ...