カテゴリー: 葬送吟詠

人喰らう紅

 暗さに沈んでいくのは心地が良い。

 どす黒く染まった空が、やけにきれいに見えた。雲の切れ間もなく真っ暗な夜はどこまでもやさしく包んでくれるようで、サヨリはほっと息をつく。強張った体が弛緩する瞬間が一番危ないのだと言ったのは、ヤヒロだったか。
 眠りにつく城下というものはこれ程までに無防備なものなのだろうか。耳を澄ませばどこかの辻斬りか悲鳴が聞こえる。天誅、と叫ぶ声も聞こえてくる。人斬りが横行する宵闇はあまり気持ちの良いものではないが、慣れてしまえばどうということもない。染みついた血の匂いが鼻孔をくすぐり、サヨリは鼻をすすった。
 辻を抜けるようにして走ると、胸元で跳ねるものがある。
 人気のない場所で立ち止まると、胸元からそれをそっと出す。
『たまには化粧のひとつもしたらどうじゃ』
 お前も女だろうに、と頭をはたかれながら押し付けられたのは紅だった。
『尤も、お前が紅などつけたら人でも喰らったかと思うがのう』
 血の色と同じじゃ、と彼の人はサヨリに笑った。その笑い方は彼女にとって見慣れたもので、いつも通りでなんの変哲もなく自然すぎてどうしてだか胸がしくしくと痛んだ。こんなことを思う自分に驚き、自己嫌悪にさいなまれた。
 人として、人間としてあるのはサヨリにとって幸いだった。まだ手放していない人らしさを失わずにすむのは恐怖と甘美の狭間であり、どっちつかずの曖昧さが彼女を苛立たせもした。
 それでも、“使える”うちは始末はされないのだから。

 

「ああ、お帰りサヨリ」
 にこりともせず、ヤヒロが出迎えた。
「ただいま」
 畳の上にごろりと横になり面白くもなさそうな顔でサヨリを見上げるミコトは、何も言わなかった。それはいつものことなので、サヨリも気にすることなく座り込む。す、と横からお茶が出てくる。ヤヒロは気が利くな、とサヨリはぼんやりと思った。暖かいお茶は少し冷えた体を温めるようにじんわりと広がっていった。
 三人いるところで、殊更話すこともなく。サヨリは静かに目を閉じた。
 ――討ってこい。
 命はそれだけだった。
 簡単かつ簡潔でそれ以上でもそれ以下でもなく。非常にわかりやすく丁寧だった。
「終わった?」
「……まだ」
「そう」
 短いやり取りの中に殺伐とした安堵があるかのように。
 目を開ければミコトがサヨリを見ていた。何もかも見透かすような彼の視線は少し苦手だな、と彼女はいつも思う。口が悪く素行も悪いが、彼はどこまでも正直で真っすぐで偽りがない。故に、ミコトの言葉は残酷で傷をえぐるように鋭い。辛辣で救いがない。
 そう、怖い、のかもしれない。
 漠然と湧き上がる感情にサヨリは苦笑した。
「どうやろうと勝手だけどさぁ。アタシだったらそんなまどろっこしいことしないしぃ~」
「よく言うよ。ミコトはいつも“遊びすぎ”でしょ」
 ミコトの軽口をぴしゃりとヤヒロが遮った。
「ヒロちゃんは効率重視だもんね」
「長引かせるのは面倒」
 サヨリは成程、と納得する。
 人によって“やり方”は様々だ。
 だが、今回に限ってはミコトが言うこともよくわかる。
 つまり、サヨリは時間をかけすぎているのだ。いつのならばするりと近づいて懐に入り込んだと思った時点で実行する。それを、ゆるゆると時間をかけにかけて近づいて多分、懐には入っているように思う。その状態のまま、未だ実行に及んでいないことをミコトは言っている。討てと命を受けたのならば、さっさと実行すればよいのだ、と。
 当たり前すぎて異論はない。その通りだと思う。
 それでも未だ手が出せないのは、心の奥底に燻るようにしてある“何か”のせいだ。
 サヨリはその“何か”を知らない。知ろうとは思わない。ただずっと己の内にあり煩わしいと感じるだけだ。気持ちなど意味がないもので、心など持ってしまえば足枷となる。感情を是とする程愚かしいものもない。肝心な刃が濁ってしまえば遂行はできないのだから。
 意味のないモノに成り下がっては、生きている意味はない。
 生きていく為には成さねばならない。何もせずに生きてゆける程、この世界はやさしくはない。引き換えにしてでも生きていくのは、生命の節理のように思えてならない。多分、それは、生きていることで得られる高揚感のようなものだろう。
 ため息をつきそうになり、サヨリは慌てて唇を引き結んだ。
 あれこれと考えたことで、詮無き事だ。
 決めるのは、サヨリではない。サヨリはただの刃で実行するためだけにある存在なのだから。
「ごちそうさま」
 お茶を飲みほした器をヤヒロに渡すと、サヨリは立ち上がった。少し、休もう。そうすればまた、きっと。
「サヨリ」
「ん?」
 ヤヒロの手がサヨリの腕を掴んでいた。
「情というのは、厄介なものだよ」
「!」
 ヤヒロの瞳に走ったなんともいえない鋭いものに、サヨリは舌打ちしそうになった。そのかわりに、腕を振り払う。力を入れてなかったヤヒロの手はいとも簡単に放れた。その行為こそがそうであることを認めているというのに。無様すぎて厭になる。
 踵を返そうとするサヨリの背中を、ヤヒロの言葉が追いかけた。
「あんたは、死なないで」
 うるさい。そう叫びそうになりながらもサヨリは立ち止まりもせず部屋を出た。
 ああいうヤヒロは、うっとおしい。大きなお世話だ。
 唇をぎゅっと噛むと、サヨリは頭を一度振った。
 ――あんたは。
 その意味は解りすぎる程解っている。
「私は、ヤエとは違う」
 討てず、討たれた女とは。あんな風には、ならない。
 あんな風には。

 

「僕は、この日本をより良い国にしたいと思うちょる」
 にこにこしながら彼の人はサヨリに夢を語った。
 国を? と、訳が分からず彼女は聞き返した。話が大きすぎて全く想像すらつかなかった。
「列強と肩を並べられるような、大きな国にしたいのう」
 列強、というのは他の国のことだろうか。例えば、えげれすとかいう。日本という国をサヨリはよく解っていなかったし、外国というのがどういう所なのかも知るはずもなかった。日本には将軍がいて、天皇がいて、というのは知識としてあっても日々の生活にそんなものは関係なかったし、今日を生き延びることの方がよほど重大なことであった。
 ぽかんとしているサヨリの頭をぽんぽんと軽く撫で、彼の人は破顔した。
「まあ、これも先生の受け売りじゃ」
 先生、という人をサヨリは知らなかった。命ぜられたのは、隣で楽しそうに笑っている男を討つことだけだ。それだけだった。
「日本は、」
 何か言わなくては、とサヨリは思った。話はよく解らなかったし、説明されても聞く気はなかった。
 けれど、それは彼の夢なのだから。彼が追い求めるものなのだから。
 する、と言葉は出てきた。彼女が驚く程に簡単に。
「日本は、良くなるの?」
 何が、ともどうやって、とも聞きようがなかった。そんな漠然とした問いかけに、彼の人は少しだけ考えるように顎に手をやる。
「良くするんじゃ、僕が」
 ややあってから、きっぱりとした返事があった。
 前を向く男の夢は、眩暈がする程輝いていた。

 

 小指に紅を付け、唇にひいた。
 鏡の中の自分が、無表情でこちらを見ている。化粧などしたことがなかった。見よう見まねで紅をさしたが、こんなものだろう。
 遂行は、今夜。
 懐に忍ばせた小刀と銃の感触を確かめる。聡い人だから感づかれるかもしれない。それでもサヨリがサヨリでいられる為にはやるしかない。
 足音を立てぬよう、そっと寝所へ入る。今日も一人きりだろう。暗闇の中、布団の枕元へと移動する。
「夜這いか」
「そんなところです」
 声が震えぬようにするのがやっとだった。と同時に、この人は全てを知っているのだと理解した。
「紅、きれいじゃ」
 この暗さでよくも気が付くものだとサヨリは呆れた。
「して、何用かのう」
 妙に間延びした質問に、サヨリは心から、笑った。
「人を、喰らいに」
「ほうか」
 至近距離だというのに彼は意に介していないのか、あろうことか目を瞑る。サヨリは力が入りすぎて痺れていた手をそっと、開いた。血がめぐる感覚が戻ってくる。
 噛み殺してやろうか。
 静謐な中、どちらともなく顔が近づき。
 唇が重なる。

 ――嗚呼、このまま二人で死にたい。

 叶わぬ願いを抱き、サヨリは小刀を突き刺した。

 

(初出:2015.9.18)

感覚を殺した先の衆生

 この世界には、“知らなくてもよいこと”がある。
 だから、“聞かなくてもよいこと”もある。

 

 逃げ出そうとした足に斬りつける。とりあえず、足止めが肝心だ。逃げられてしまっては元も子もない。右足だけでは心もとないから、左足も斬っておこう。
 上げられた悲鳴が五月蠅くて思わず顔をしかめた。
 ああ、もう。面倒だな。
 何故だとかどうしてお前がとかこんなことをしてどうするつもりだとか。終いには、何でもするから命だけは助けてくれだとか。
 どうでもいいけれど、面倒臭い。
 そんなこと、私に聞かないで欲しい。
 いつまでもごちゃごちゃ煩いので、私はさっさと刀を突き刺す。ぐえ、と気持ちの悪い声がした。あーまた、刀、汚れた。
 仕方がなく、相手の肩を足で押しながら刀を引き抜く。血がついたし。
 とりあえず。
 誰かが来る前に。(勝手にこいつが人払いしてくれたんだし)
 さっさと逃げることにしようそうしよう。
 適当に刃の血を拭って(ああもう早く手入れがしたい)鞘に収める。
「遂行完了」

 

「おっ疲れ~」
「……」
 畳の上にごろりと横になっていたら、ひょいと覗かれた。
「髪、切れば」
「ええ~ヤダ」
 ずるずる長い髪を片手で弄ぶようにしながら、ミコトは猫のように目を細めた。その髪を払いのけるように、私は体を起こす。
 ミコトはひょい、と私の前に腰を下ろした。
 長くてやわらかそうな髪がゆらと動く。きれいな顔。華奢な体。纏った着物は薄い桃色、花柄。帯代わりに縛っている布は紅。間延びした喋り方に大きな瞳。どこからどう見ても乙女にしか見えない。
「アタシが髪切るなんてそーとーのことだし、つか、ないし」
「あ、そ」
 いつものことながら、ミコトと話すのは疲れる。緊張感が全く違うのだ。“合わない”とは解っていても、お互いに其れが解っていても、私達はそういうもの一切を“ないもの”としている。
 それが、私達の生き方。
「ねえねえ、ヤヒロ。ヒロちゃん」
「……」
 ちゃん付けはやめてと言ったところで聞かないだろう。単純に「ヤヒロ」と読んだ方が早いと思うのだが。
「どーだった? 今回の。“おもしろかった”?」
 嬉しそうに聞いてくるミコトは、確かに悪趣味だと思う。私に聞きたいのは、其れか。
「いつも通り」
 そっけなく答えれば、ミコトは「え~なんだぁ」と残念そうに口をとがらせた。そもそも、聞き方が悪い。「面白かったか」と聞かれて「面白かった」と答えるのはミコトくらいだろう。
「ん~じゃあアタシが行かなくって正解? ま、次の機会があるかなぁ」
 独り言にしておこう。付き合うだけ時間の無駄だ。
 ふ、と右手。広げて見ればいつもと同じ。変わりなく。“だから”ぞっとする。変わらない。変わったりなんかしない。いつも通りそのままおんなじ。
「ヤヒロ」
 右手を、ミコトが両手で包むようにして握る。
「血は、気持ちよかった?」
「……性的倒錯」
「ふっふ~其れ、ホ・メ・コ・ト・バ」
 冗談じゃない。一緒にしないで欲しい。
「私はミコトみたいに、ゆったり斬って手足をもいでくようなやり方はご免なの」
「お楽しみはすぐ終わらないようにするべきじゃない?」
「さっさと終わらせる方が効率が良い」
「あ、ヒロちゃんぽい」
 ミコトは片目を瞑ってみせた。
 私達は、暗殺機械だ。
 殺せと言われた人を、殺す。
 失敗したら、自分が殺される。
 ただ、それだけの。単純な規則。
 誰を殺すだとか誰を消すだとかそういうことは一切聞かない。それは“知らなくてもよいこと”だ。私達はただ、言われた通りに殺せばいい。それで終わる。それだけで終わる。単純で簡単な行為。
 尤も、ミコトは其処に楽しみまでも盛り込んでいるが。
 最初は心を殺すのは難しくて気持ち悪くて吐いてばかりいたけれど。いつしか慣れた。感触も感覚も感情も、鈍くできるものなのだと解った。
 命のやり取りは、差し迫る危機と共に興奮を覚えた。
 口ではミコトをどうだとは言え、私も所詮は一緒なんだろう。いつの間にか、死体を見ても何も思わなくなってしまった。骸がひとつ、というだけだ。
 この世界が当たり前になれば、此れが普通になる。
 それだけのことだ。
「ヒロちゃん、お風呂入ろ~」
「いや、一人で入るし」
「えっえ~一緒に入ろうよ。背中流すよぉ」
 今にも手を掴んで走りだしそうなミコトを、私は制した。
 ったく。
「お前は、男だろうがっ」

 危うくミコトと同類になる所だった。アレは女みたいに清楚そうに見えるし綺麗だが、れっきとした男だ。着物を脱ぐまでは絶対に分からない。分からないようにミコトはしている。一度聞いてみたら「趣味~てか、便利よぉ」ということなので、実益を確実に兼ねている。確かにあの性格ならば、たらしこむのもお手の物だろう。
 あれはあれで有能なのだから。
 必要なのは人格とか見目じゃない。能力。自分の持つものをどう使うかなどは人それぞれ。ただ、確実に任務を遂行するだけの実力があればいいだけの話。
 能力さえあれば生きられる。能力がなければ生きられない。
 この世界は簡潔で心地よいくらいだ。
 一緒に入ると言って聞かないミコトを殴りつけ、足止めをし、私は一人湯船につかる。たまの風呂は気持ち良い。無防備な状態だから、あまり長くは入っていられないが。
 刀は手の届く範囲に置いている。暗器になる簪をしているから、どうにかはなるだろう。いつの間にか、ゆっくり眠るというのもできなくなってしまった。
 髪の簪に触れる。これは、ヤエがくれた。一週間前、私が出る時に自分のをあげるからお土産に買ってきてとか言われたやつだ。お土産って何だよと思ったけれど、ちゃんと手に入れてはきた。仕事が終わった後、久しぶりに店にまで行って。ヤエは私とは違う使命を受けて出て行ったが、そろそろ戻って来る頃だ。
 ミコトに見つからないようにしよう。彼に見つかると自分も欲しいと五月蠅いから。
「ヤヒロぉ~!」
「!」
 突然、私の視界に桃色が舞う。勝手に右手が簪を引き抜いていた。そのまま、相手の首元に突き付ける。
「っと。ヤダ~怖い」
「ミコト」
 怖い、と言いつつもミコトは指先で突き付けた簪をそっとどかしている。ヒロちゃんてば野蛮、と笑いながら。人の風呂に無断で入ってくるのは野蛮ではないのか。私に殴られた跡が頬にうっすらとあって、気にしていないのかミコトはすぅと目を細めた。
 快活さがなくなる。猫のようなしなやかさに、ぴんとした緊張が加わる。
 仕事、の顔だ。
「ヤヒロ。ヤエが死んだ」
「……」
 そう、と私は頷く。ミコトは何の感情もこもらない声で言った。私も顔色ひとつ変えない。
 よくあること、だ。
 能力があれば生きられる。能力がなければ死ぬ。簡単なことだ。
 持っていた簪を適当に髪にさし、私は風呂を上がる。体を拭いて着物を身につける間、ミコトは何も言わなかった。
 ヤエは、私の仲間、だ。
 こういう時は、どうしたら良いんだろう。そういうことは一切教えてもらえなかった。
「んー、ヤエがしくじった分、誰かに行くね。アタシんとこ来ないかなぁ」
 いつも通りの口調でミコトが言葉を紡ぐ。一度失敗した以上、二度目は難しくなるだろう。でも、その為に私達はある。使い捨てられる為に。捨てられない為には、生きていく為には、死なないようにするしかない。
「……ヤエ」
 どこで、とか、誰が、とかそういうことは関係ない。それは“聞かなくてもよいこと”だから。
 心の中はいつでも空っぽにしておくべきで。動揺すればそれだけ死が近くなる。殺すのは人だけではなくて、心もだ。他人を憐れんでも自分は救われない。生き続ける為には、この手でありとあらゆる手段を使ってでも死を免れてゆくしかない。
 もう、ヤエには会えないのか。
 思わず、頭の簪に手をやる。これが“形見”というものなんだろうか。
 ヤエが死んでも……たとえ誰かが死んだとしても。私は暗殺機械として生きる為に殺すんだろう。死なない為に。生きる為に。きっと、ミコトも。
 ああ、そうだ。ヤエに渡そうとしていた“お土産”の簪はどうしようか。私にはヤエにもらったやつがあるから。
「ミコト」
「ん? 何かな」
 ふわふわとした笑顔に、私もつられてほほ笑む。
「簪、あげる」

 

 この世界には、“知らなくてもよいこと”がある。
 そして、“聞かなくてもよいこと”もある。
 私の世界は、そんな風にできている。

 

(初出:2010.9.2)

葬送吟詠

葬送吟詠

 この手は血にまみれて。

幕末によく似た時代の暗殺集団に属する少女の話。

↑新