嗚呼あんなに好きだったのに

打ち捨てられた手足を拾い集め
何故このような事態になったのかを考えてみる
抱きしめた腕は切られてしまい
押しつけたキスはもぎ取られてしまった
朝から何も食べていなかったのに出る時は出るものなのね
嗚呼あんなに好きだったのに
拒絶される虚しさが一番堪えるというのは本当だったのね
思考も回路も上手く動かない
かき集めた私の体たち
どうしてもっと上手くやれなかったのかと悔んでも悔やみきれないわ
こんなになってしまったらもうどうしようもないじゃない
嗚呼あんなに好きだったのに