そうでないが故に信じるもの

私は『特別』なのだと思っていた

誰だって誰かの『特別』になりたいでしょう
誰だって世界の『特別』になりたいでしょう
誰だって全ての『特別』になりたいでしょう

選ばれし私の未知なる力を解放すべき時がくる
私にしかできないことが待っている
私が『特別』であるが故に苦悩する

ちっぽけな私がなけなしの虚勢を張って立つ
私は『特別』なんだと声を限りに叫ぶ

私は『特別』であるべきだ
私は『特別』なのだから
私は『特別』だと信じていたかった

そうしないと
現実というものに押しつぶされてしまいそうだったから

誰にも見向きもされない石ころなのだと解ってしまえば
ここにいるべき意味すら見いだせなくなるから

私は『特別』なんかではなく
私は『特別』になんかなれなくて
私は『特別』だと思い込むことさえ出来なかった

だからこそ私は
石ころを拾い上げようと思う

私は『特別』にはなれなかったけれど
私の『特別』がいつか見つかると信じているから
そう、信じていたいから