道は『此処』にある

どれ程渇望しても得られないものがあるのだとしたら
どれ程祈念しても理不尽にも踏みにじられるのだとしたら

『此処』から身動きすらできずに私は朽ちてゆくのだろうか

どれ程渇望しても得られないものがあるのだとしても
どれ程祈念しても理不尽に踏みにじられるのだとしても

『此処』にいる私自身のすべての結果なのだから

『此処』に至るまでにした選択の繰り返し
『此処』にたどり着くまでに歩いた道の果て

他の誰でもない私自身が導いたもの

どれ程渇望しても得られないものがあり
どれ程祈念しても理不尽に踏みにじられ
それ自身が私なのだとしたら

私の選ぶべき道は『此処』にしか繋がってはいない

その為にあり
その為におり
その為にいる

私は『此処』にしかいられないのだと、気づいた